車検を受ける方法

バイクの車検

バイクを所有している場合も車検を定期的に行う必要があるのです。

 

バイクの車検も自動車と同じ様に、いくつかの提出書類があるので、あらかじめ用意しておきましょう。

 

バイクの場合、まず自動車検査証が必要です。

 

更には自賠責保険の証明書も必要となります。

 

また自動車税納税の証明書も必要となります。

 

もし納税の証明書をなくしてしまった時は自動車税事務所に行き申請をすれば再発行してもらえます。

 

そして印鑑も必要です。

 

印鑑は、車検証に押印されている印鑑と同じものを持っていかなければなりません。

 

別に印鑑証明は要らないでしょう。

 

認印で十分なのです。

 

車検費用も必要ですが、場合によっては整備が必要になる場合もあります。

 

この場合には追加の費用が発生しますからその点は注意しましょう。

 

バイクの検査費用ですが、まず法定料金が掛かります。

 

具体的には自動車税と自賠責保険の費用となります。

 

通常はこれらを合計して26550円掛かるでしょう。

 

さらに検査料が発生しますが、この部分は整備工場によって金額が自由に設定されていて差があります。

 

しかし相場としては4万円〜5万円台といわれていますから、それほど料金に幅が出るということはないかもしれません。

 

検査を受ける期間は、排気量2500cc超のバイクでは2年に1回検査を受けないといけません。

 

また自動車と同じ様に、ユーザー車検という方法もあるので、費用を抑えたいという人にはお薦めの方法です。

バイクの車検関連エントリー


Copyright (C) 2010 失敗しない車検ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

バイクの車検

車検に関する様々な情報を分かりやすく紹介しています