車検を受ける方法

車検の内容

では具体的に車検はどのように行われるのかをご存知でしょうか?

 

ライン形式という手法で行われます。

 

ライン形式というのは、自分で移動をしながらそれぞれのセクターで特定の個所の検査を行う形式の事です。

 

まずは外観検査が行われます。

 

外観検査とは、見た目で何らかのトラブルがないか稼働を確認する検査の事です。

 

また同時にこの時点で車検証が正確なものかどうかも調べられます。

 

続いてブレーキの性能検査が行われます。

 

別に車検を受ける人がするべきことはなく、指示に従って通過をすれば検査を自動的に行ってくれるのです。

 

次にヘッドライトと排気ガスの機能についての検査が行われます。

 

ヘッドライトは実際に点灯させチェックしてもらうという形式です。

 

排気ガス検査は、パイプを突っ込む形で検査が行われます。

 

一酸化炭素と炭化水素の濃度の検査が行われるのです。

 

ここで自動車検査表を用意し、記録器の中に挿入すると検査結果が記録されるのです。

 

続いてピットに入り、外観では確認できない箇所の検査が行われます。

 

サスペンションやブレーキ、マフラーなどが検査の対象となるのです。

 

またここでも自動車検査表に結果を記録してもらいましょう。

 

最後に車検で必要な書類を検査官の方に渡すのです。

 

ここまでで何の問題もなければ、合格の印として印鑑が押されます。

 

もし問題があった場合には、整備をして再検査を受ける必要があります。

 

できることならその日のうちに整備をして再検査を受ける事をお薦めします。

 

というのは、同日の再検査の場合は無料で受けることが可能だからです。

車検の内容関連エントリー


Copyright (C) 2010 失敗しない車検ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

車検の内容

車検に関する様々な情報を分かりやすく紹介しています