車検を受ける方法

初めての車検の注意点

自動車を購入して初めての車検の時には、どのようなことに気をつければ良いのかご存知ですか?

 

一般的に考えて、初めての車検時に問題が生じることはまず無いでしょう。

 

特別なメンテナンスをしていなかった場合でも、高速運転のような無理な運転をしていなければほぼ検査は通るはずです。

 

もし初めて車検を受ける時には、エンジンオイルやバッテリー、ブレーキオイルやラジエーターの冷却水などはそのタイミングで交換をしておく事をお薦めします。

 

たとえ検査をクリアしても、安全性が確保されたという事では無いのです。

 

車検とは、あくまでも安全上最低限の条件をクリアしているという事ですので、不安な点も出てくる可能性は無いとは言い切れません。

 

バッテリーは一般的に使用していると、3年でだいたい交換のタイミングを迎えます。

 

まさに最初の点検のタイミングとぴったりなのです。

 

またブレーキオイルやラジエーターの冷却水等も点検を受ける毎に交換するのが一般的です。

 

エンジンオイルに至っては、それよりも頻繁に交換をする必要があります。

 

一般的には総走行距離が5000kmを超えたら、交換をしないといけないと言われています。

 

5000kmに満たなかったとしても、1年以上運転をしている場合はエンジンオイルを交換すべきというのが専門家の見方なのです。

 

通常自動車を購入した時に保証がついてきます。

 

しかしこの保証期間というのは最初の点検時で満了なので、そこからは自分の責任で管理をしていかなければならないのです。

初めての車検の注意点関連エントリー


Copyright (C) 2010 失敗しない車検ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

初めての車検の注意点

車検に関する様々な情報を分かりやすく紹介しています