車検を受ける方法

車検を受けるときのマナー

もし車検を受ける際は、自動車をきちんと掃除しておくことが最低限のマナーでしょう。

 

整備工場に出す場合でもユーザー車検でも、検査をする人は車の様々な所を見ます。

 

もしその車内がきたなかったらどう感じるでしょう。

 

ちょっと悪い印象を与えてしまうのではないでしょうか

 

それに整備をきちんとしていないのではないかという疑いの目で見られてしまうかもしれません。

 

そうすると検査自体に悪い影響を及ぼしてしまう可能性もあるかもしれません。

 

検査官がこういう車は良い気持ちがしないだろうなという事を考え、きちんと自動車はきれいにしておくべきなのです。

 

また車検時に多いのが、必要書類の不備というトラブルです。

 

書類がなければ検査を受けることもできません。

 

ですから、必要書類は事前にきちんとまとめておくように心掛けましょう。

 

例えば、バインダーやファイルなどを活用して、複数ある書類を一つにまとめておく事も出来ます。

 

当日書類を渡してみたら、必要な書類の一つが見当たらないという事態を防ぐ事が出来るでしょう。

 

ユーザー車検の場合には、基本的に検査中はエンジンを切らないでください。

 

そしてオーディオやエアコンといった余計な機能は使わない様にしましょう。

 

更にはブレーキも必要な時以外は踏まないようにしましょう。

 

そうすることによって、バッテリーが無駄に消費することを防ぐ為です。

 

ただし電光表示でいろいろな指示がされるでしょうから、その指示にはきちんと従いスムーズに検査を受けられるようにしておきましょう。

車検を受けるときのマナー関連エントリー


Copyright (C) 2010 失敗しない車検ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

車検を受けるときのマナー

車検に関する様々な情報を分かりやすく紹介しています