車検を受ける方法

車検を受けるタイミング

車検には有効期限があるので、きちんと自分の検査の時期を把握しておかなければいけません。

 

自動車のフロントガラスに次の車検の時期を表すステッカーが貼ってあると思います。

 

そのステッカーで簡単に確認をすることができるでしょう。

 

通常車検というのは、実際に決められている日時の1か月前から検査を受けることができます。

 

ですから、逆算をしてどのタイミングで検査の申し込むかが重要となるのです。

 

普通車検の場合は予約制になっていて、申し込みをしてから2週間程度の間隔が必要の様です。

 

この2週間の間隔がある事もきちんと逆算しておきましょう。

 

車検を受ける日にちを決めるうえで大事なことは、資金の確保です。

 

検査を受ける為に、様々な費用を負担しないといけません。

 

検査によって必要な費用を事前に用意して、検査を受けることが可能になったと確信した時点で早めに申し込みをする事をお薦めします。

 

もし検査を受けないまま期限を過ぎてしまうと刑事罰の対象になってしまうのです。

 

罰金刑を受けなければならなかったり、検査に出したところで別途の費用が請求されるなど、結果的には高い代償を支払うことになってしまいます。

 

また運転免許を持っている人の場合は、何らかの自動車のトラブルを引き起こした場合には一定の持ち点から減点措置が取られるのです。

 

自分の持ち点次第なのですが、場合によっては持ち点がゼロになってしまい免停になるという事態も考えられます。

 

後々やっかいな事になるので、比較的余裕のある段階で検査を受けておいた方が良いのではないでしょうか。

車検を受けるタイミング関連エントリー


Copyright (C) 2010 失敗しない車検ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

車検を受けるタイミング

車検に関する様々な情報を分かりやすく紹介しています