車検を受ける方法

車検の期間

車検を受ける際、気をつけたいのはその有効期間です。

 

有効期間は道路運送車両法で定められていますから、きちんと守る必要があります。

 

車検を受ける期間は、現在所有の自動車の種類によって違います。

 

普通自動車の場合、最初の車検は3年経過をしたら受けなければいけません。

 

その後しばらくの間は2年に1回というペースで実施されます。

 

もし10年以上経過している普通自動車の場合は毎年検査が義務付けられます。

 

キャンピングカーなどを所有している場合には、普通自動車と車検の有効期間が異なりますので注意が必要です。

 

自家用貨物自動車というジャンルに分類をされる総重量が8トン以下の車の場合には、初回が2年後、その後は毎年検査を受けなければならないのです。

 

ただしキャンピングカーをはじめとして8ナンバーの自家用貨物自動車の場合には、2年ごとの検査で良いようです。

 

運転免許証と同じ様に、車検も満了日の1か月前から受けることが可能です。

 

しかも前倒しをしたとしても今後の有効期限に変化が出ることは無いのです。

 

しかし今後この有効期間が変わってくる可能性があるようです。

 

なぜかというと、国土交通省では、有効期間を延長することで、検査の頻度を減らそうという動きがあるようです。

 

これは自動車のユーザーの負担を軽減するという観点から検討されているのですが、一方で反対もあるそうです。

 

特に民間の整備工場にとって、大きな収入を奪われる可能性が高いからです。

 

この為にその妥協案として、有効期限を延長するが一回当たりの費用を値上げするという内容で決着するのではないかと言われています。

車検の期間関連エントリー


Copyright (C) 2010 失敗しない車検ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

車検の期間

車検に関する様々な情報を分かりやすく紹介しています