車検を受ける方法

車検と日ごろのメンテナンス

車検を安く仕上げる為には、日ごろからのメンテナンスにきちんと力を入れるべきでしょう。

 

もし日頃からメンテナンスをしていないと、車検時に様々な問題点が発見されることもあるのです。

 

すると問題が発見された部分の整備に別途で費用が発生してしまい、結果的には割高になってしまう事もあるのです。

 

そこで車検を受ける前には、事前に自分でチェックできることは行っておきましょう。

 

まずはランプについてです。

 

ランプのレンズが破損をしているという事はありませんか?

 

また、ランプが点灯しないといったことがある場合、それが不合格要因となります。

 

さらに空ぶかしをした時に、ちょっとおかしな音がした場合も要注意です。

 

この場合、排気管に問題が発生して、排気ガスが漏れている事があります。

 

また警笛についてもきちんとチェックしておきましょう。

 

警笛が鳴らない場合には、車検が通らなくなってしまいます。

 

また、車検時には、タイヤのナットの締まり具合についても検査されます。

 

スムーズに検査を進める為に、もしホイールキャップを取り付けている場合は事前に取り外しておく事をお薦めします。

 

ワイパーも検査項目に含まれています。

 

ですから、事前にワイパーも動かして確認しておきましょう。

 

動きが不自然になっていないか、動かなくなっていないかを事前に確認しておくことが大切です。

 

さらにはウィンドウウォッシャー液が正しく噴射されるかも確認しておきましょう。

 

上記のどの項目についても、簡単に素人ができる点検のはずです。

 

そのような項目で引っかかってしまう様なことは絶対に避けた方がいいのです。

車検と日ごろのメンテナンス関連エントリー


Copyright (C) 2010 失敗しない車検ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

車検と日ごろのメンテナンス

車検に関する様々な情報を分かりやすく紹介しています