車検を受ける方法

3回目以降の車検の注意点

もし同じ自動車を乗り続けて3度目の車検を迎えた場合には、かなり大がかりな整備が必要となることは覚悟しておいた方がよいと思います。

 

この時点でメンテナンスをする範囲は、前回の車検の結果が大きく影響を及ぼすでしょう。

 

エンジンオイルやバッテリー、ブレーキオイルや冷却水といった基本的な部品等は交換をしておいたほうが良いでしょう。

 

そして3回目の車検の時にマフラーの点検は気を付けてもらいたいポイントです。

 

自動車の専門業者からするとマフラーという物は消耗品の一つという捉えられ方をされる様です。

 

これは、エンジンの機能に理由があるのです。

 

エンジンは自動車を作動させている時に、燃焼をしている事はよく知られていると思います。

 

燃焼をしている時のエンジンは、同時に水を発生させて排出しています。

 

ですからマフラーには水が溜まりやすくなっていて、その水が原因で錆ついてしまう事があるのです。

 

このためマフラーをきちんと交換をしておかないと腐食がどんどん進み、穴があくことも珍しくないのです。

 

ですから、3回目の車検になる頃には、マフラーにもいろいろな異常が出てくることも想像できます。

 

このタイミングでマフラーを交換しておく事をお薦めします。

 

マフラーの交換には約3万円程の費用がかかるでしょう。

 

3回目の車検となってくると、検査を受けた方が良いか新車に乗り換えた方が良いか、費用によってはどちらとも言えないのではないでしょうか。

 

前もって見積もりを出してもらい、どちらの方がよりお得かきちんと確認しておいた方が良いでしょう。

3回目以降の車検の注意点関連エントリー


Copyright (C) 2010 失敗しない車検ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

3回目以降の車検の注意点

車検に関する様々な情報を分かりやすく紹介しています