車検を受ける方法

車検を受ける際の注意事項

車検に関する様々な情報を分かりやすく紹介しています

車検を受ける際の注意事項エントリー一覧

3回目以降の車検の注意点
もし同じ自動車を乗り続けて3度目の車検を迎えた場合には、かなり大がかりな整備が必要となることは覚悟しておいた方がよいと思います。この時点でメンテナンスをする範囲は、前回の車検の結果が大きく影響を及ぼすでしょう。エンジンオイルやバッテリー、ブレーキオイルや冷却水といった基本的な部品等は交換をしておいたほうが良いでしょう。そして3回目の車検の時にマフラーの点検は気を付けてもらいたいポイントです。自動車の専門業者からするとマフラーという物は消耗品の一つという捉えられ方をされる様です。これは、エンジンの...
車検と日ごろのメンテナンス
車検を安く仕上げる為には、日ごろからのメンテナンスにきちんと力を入れるべきでしょう。もし日頃からメンテナンスをしていないと、車検時に様々な問題点が発見されることもあるのです。すると問題が発見された部分の整備に別途で費用が発生してしまい、結果的には割高になってしまう事もあるのです。そこで車検を受ける前には、事前に自分でチェックできることは行っておきましょう。まずはランプについてです。ランプのレンズが破損をしているという事はありませんか?また、ランプが点灯しないといったことがある場合、それが不合格要...
車検業者との交渉
車検の料金には、その業者によって大きく異なるのは確かです。車検には整備料などがかかり、それらの金額は各整備工場で自由に設定することが可能だからです。また整備工場は現在増加傾向にあります。そこで自分のところで検査を受けてもらおうと、様々なキャンペーンやサービスを実施している場合もたくさんあります。ですから交渉次第で、車検料の値引をしてもらえる事もあるのです。交渉のコツは、電話を最大限に活用するということです。電話の場合、面と向かって交渉するわけではないので気が引けるという心配をしなくて済みます。一...
車検の期間
車検を受ける際、気をつけたいのはその有効期間です。有効期間は道路運送車両法で定められていますから、きちんと守る必要があります。車検を受ける期間は、現在所有の自動車の種類によって違います。普通自動車の場合、最初の車検は3年経過をしたら受けなければいけません。その後しばらくの間は2年に1回というペースで実施されます。もし10年以上経過している普通自動車の場合は毎年検査が義務付けられます。キャンピングカーなどを所有している場合には、普通自動車と車検の有効期間が異なりますので注意が必要です。自家用貨物自...
車検を受けるタイミング
車検には有効期限があるので、きちんと自分の検査の時期を把握しておかなければいけません。自動車のフロントガラスに次の車検の時期を表すステッカーが貼ってあると思います。そのステッカーで簡単に確認をすることができるでしょう。通常車検というのは、実際に決められている日時の1か月前から検査を受けることができます。ですから、逆算をしてどのタイミングで検査の申し込むかが重要となるのです。普通車検の場合は予約制になっていて、申し込みをしてから2週間程度の間隔が必要の様です。この2週間の間隔がある事もきちんと逆算...
車検を受けるときのマナー
もし車検を受ける際は、自動車をきちんと掃除しておくことが最低限のマナーでしょう。整備工場に出す場合でもユーザー車検でも、検査をする人は車の様々な所を見ます。もしその車内がきたなかったらどう感じるでしょう。ちょっと悪い印象を与えてしまうのではないでしょうかそれに整備をきちんとしていないのではないかという疑いの目で見られてしまうかもしれません。そうすると検査自体に悪い影響を及ぼしてしまう可能性もあるかもしれません。検査官がこういう車は良い気持ちがしないだろうなという事を考え、きちんと自動車はきれいに...
車検業者の選び方
車検を受ける業者を選ぶ時には、いくつかのチェックポイントがあるのでそれらを参考にしましょう。車検の時期が近付いてきたら、まず業者に電話で問い合わせてみると良いでしょう。この時の電話対応で、相手が優良な業者かどうかを判断することができます。もし電話の応対がどうもスムーズに進まない場合には、その業者の利用はやめた方がいいでしょう。スムーズにいかない理由として、検査慣れをしていないという理由が考えられるからです。車検の検査実績の多い業者は、様々なノウハウを持っています。だから、こちらからの問い合わせに...
初めての車検の注意点
自動車を購入して初めての車検の時には、どのようなことに気をつければ良いのかご存知ですか?一般的に考えて、初めての車検時に問題が生じることはまず無いでしょう。特別なメンテナンスをしていなかった場合でも、高速運転のような無理な運転をしていなければほぼ検査は通るはずです。もし初めて車検を受ける時には、エンジンオイルやバッテリー、ブレーキオイルやラジエーターの冷却水などはそのタイミングで交換をしておく事をお薦めします。たとえ検査をクリアしても、安全性が確保されたという事では無いのです。車検とは、あくまで...
2回目の車検の注意点
もし自分の乗っている自動車の2回目の車検が近付いてきたら、いろいろな部品を交換した方がよい場合があります。家の近くしか走っていないという場合でも運転し始めて5年以上経っていますから、いろいろな部品に摩耗が出てきてもおかしくないのです。特にゴム製の部品は摩耗が進んでしまっている可能性が高いでしょう。そこで車検に出す前に、自分で部品の交換などの対策を考えないといけません。交換すべき部品として、ベルト関係やブレーキパッドといった部品があります。どれも5年経過して同じものを使っていると摩耗がかなり進んで...

Copyright (C) 2010 失敗しない車検ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集