車検を受ける方法

軽自動車の車検

軽自動車を所有している人は、比較的簡単に車検を受けられるメリットがあります。

 

軽自動車の車検の特徴として、まずは費用が安い事や、手続きが簡単であるということがメリットと言えるでしょう。

 

料金について言うと、まずは検査手数料があります。

 

検査手数料は普通自動車は1500円掛かりますが、軽自動車の場合1400円でいいのです。

 

また自賠責保険の支払いでみると、有効期限2年で12600円以上かかってしまう普通自動車と比べて軽自動車は8800円で済ませることができるのです。

 

車検に関する手続きも複雑でないというところも軽自動車の魅力ではないでしょうか。

 

必要書類は自賠責保険の証明書と軽自動車税納税証明書、点検記録簿と自動車検査証があればいいのです。

 

軽自動車納税証明書は、郵送されてきます。

 

普通自動車の納税証明書の場合は、申請をして初めて発行をしてもらうので、軽自動車なら手間を省くことができます。

 

検査にかかる時間も普通自動車と比べると短めです。

 

多少の違いがあるものの、大体1時間程度ですべての手続きが完了するでしょう。

 

ただし、軽自動車の場合は、普通自動車とは違うところで検査が行われるので、ユーザー車検を考えている場合には注意が必要です。

 

普通自動車の場合は、陸運局が管轄している検査場で検査をしなければならないのです。

 

一方軽自動車の場合は、軽自動車検査協会というのが各都道府県に設けられています。

 

そこで検査を受ける必要があるので、初めて軽自動車を所有した時には勘違いしないよう注意しましょう。

軽自動車の車検関連エントリー


Copyright (C) 2010 失敗しない車検ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

軽自動車の車検

車検に関する様々な情報を分かりやすく紹介しています