車検を受ける方法

車検と納税証明書

通常、自動車の所有者には毎年、自動車税の支払い義務があります。

 

毎年5月末日までに自動車税の納付を済ませておかなければいけません。

 

納付の方法は、金融機関で受け付けているので、時間のある時に最寄りの銀行で納付手続きを済ませましょう。

 

自動車税の納付が完了すると自動車税納税証明書という書類を渡されます。

 

自動車税納税証明書は、車検をする時の提出書類として必要な物なので、大切に保管をしておきましょう。

 

もし自動車税納税証明書を無くしてしまった場合には、再発行を受けなければならなくなります。

 

運輸支局や自動車検査登録事務所といったところ行くと自動車税事務所というものが併設されているはずです。

 

そこに行き再発行の手続きを受けましょう。

 

再発行してもらう為には車検証と印鑑が必要になるので注意が必要です。

 

また自動車税納税証明書は手元にあるものの、破損が進み内容を確認をすることができない場合も、再発行を受ける必要があります。

 

最近は、これらの再発行の手続きもかなりスムーズになっているようです。

 

もし納付をしている場合には、車検証の登録番号などを入力するだけで自動的に再発行してくれる機械もあります。

 

また自分で手続きを行うような時間がない場合には、車検業者の方に代行を依頼することも可能です。

 

この場合には、数千円の手数料が請求されることになりますが、時間がない人はこの様なサービスを利用してみるといいでしょう。

車検と納税証明書関連エントリー


Copyright (C) 2010 失敗しない車検ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

車検と納税証明書

車検に関する様々な情報を分かりやすく紹介しています