車検を受ける方法

車検の費用

車検を受ける際には、色々な種類の費用が発生しますから注意が必要です。

 

まず誰でも必ず一律で発生するものが税金と自賠責保険です。

 

自賠責保険は通常、有効期間2年となっています。

 

この為、通常は車検と同時期に支払いが発生するはずです。

 

自賠責保険は、普通自動車の場合29780円かかります。

 

軽自動車の場合は少し安くなり24180円が保険料となっています。

 

税金では自動車重量税が発生します。

 

自動車重量税も2年ごとの支払いになっているので、車検時に支払うのが一般的です。

 

自動車重量税はその名の通り、自動車の重量によって課税額が異なります。

 

もし1.5トン以下の乗用車の場合には37800円掛かる事になります。

 

1.5トン以上の乗用車に乗っている場合は50400円が課税される自動車重量税です。

 

軽自動車の場合には、重量関係なく8800円が課税されるのです。

 

車検を受ける際は手数料も掛かります。

 

継続検査の場合、バイクや小型自動車の場合には1400円がかかります。

 

普通自動車の場合は、手数料が1500円かかります。

 

さらに整備工場へ車検に出す際には、整備に伴って発生する費用もあります。

 

また検査を実施する場合には、特別な検査用の機器が利用されるのです。

 

これらの費用も自動車のオーナーに請求がいくことになるのです。

 

整備費は、整備工場で独自にそれぞれ設定されています。

 

もし少しでも安くあげたいと思ったら、整備費を比較して、安いところを選ぶというのも一つの手です。

車検の費用関連エントリー


Copyright (C) 2010 失敗しない車検ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

車検の費用

車検に関する様々な情報を分かりやすく紹介しています