車検を受ける方法

車検に必要な書類とは?

車検を受ける際には必要な書類があります。

 

もし書類を用意していないと、検査を受けられなくなりますから注意しましょう。

 

まず車検には3種類の方法があります。

 

まだ登録されていない自動車を検査に出す場合は「新規検査」と呼ばれています。

 

更に車検の有効期限が満期になった為に検査を受けることを「継続検査」といいます。

 

また自動車を改造して自動車の大きさが変わった場合も「構造変更検査」という車検を受ける必要があります。

 

通常我々が行っている車検は、継続検査なので、継続検査に特化して必要な書類を紹介します。

 

継続検査の場合は、「自動車検査証」と「自動車検査表」が必要です。

 

「点検記録簿」も必要となります。

 

「点検記録簿」には過去の整備記録が記載されていると思います。

 

さらに税金関係の「支払証明書類」を提出しなければなりません。

 

「自動車税納税証明書」や「自動車重量税納付書」といったものの提出が必要となります。

 

これらの税金を支払った時に金融機関から半券が渡されます。

 

この半券を検査時に提出しなければなりません。

 

さらに「自賠責保険証明書」も提出が必要です。

 

「継続検査申請書」も必要なのですが、車検に車を出した時に作成できる場合もある様です。

 

車検には、一般的な整備工場に車を出して行うパターンもあれば、ユーザー車検という方法もあるのです。

 

どちらの方法で車を検査に出したとしても、必要とされる書類には変わりありません。

 

ただし念入りにということで、事前に自動車検査事務所などで必要書類の確認をしておくと更に安心でしょう。

車検に必要な書類とは?関連エントリー


Copyright (C) 2010 失敗しない車検ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

車検に必要な書類とは?

車検に関する様々な情報を分かりやすく紹介しています