車検を受ける方法

車検の費用の支払い方

車検の料金の支払い方法ですが、通常の商品購入時の料金の支払い方とは多少違いがあります。

 

通常は、サービスを受け、それがきちんと終了した時点で料金を支払うことになるでしょう。

 

しかし車検の場合には、この順番が異なるのです。

 

その理由は、自賠責保険料や自動車重量税といった、検査とは直接関係のない料金も支払う必要があるからです。

 

自賠責保険や自動車重量税は、検査を実施する前に支払うという形が多いでしょう。

 

これらの支払いをしていないと、実は整備工場に迷惑が掛かってしまう事もあるのです。

 

もしこれらの支払いを後払いにしてしまうと整備工場の方が先に負担をしなければならなくなります。

 

このような負担を強いることのないように、事前に法定料金については支払っておくように心がけましょう。

 

特に初めて検査に出すという人はその点もきちんと注意するべきです。

 

前払いを希望している工場でも、お客さんにその要求をしにくいという背景があるからです。

 

こちら側が向こうの意向を酌んであげるようにしましょう。

 

しかし、ディーラーで車検を受ける際は、後払いでも良いというケースも少なくはないのです。

 

通常料金の支払い方法は、現金による支払いというのが大半でしょう。

 

ディーラー等の大手になるとクレジットカードによる支払いに対応している場合もありますが、ほとんどの場合は現金払いだと思っておくと良いでしょう。

 

通常車検にかかる諸費用は、結構な纏まった額が必要となります。

 

ですから時間的に余裕を持って費用の確保をしておくことを心掛けましょう。

車検の費用の支払い方関連エントリー


Copyright (C) 2010 失敗しない車検ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

車検の費用の支払い方

車検に関する様々な情報を分かりやすく紹介しています