車検を受ける方法

車検と自動車検査証

車検を受けて基準を満たしているともし判断された場合には、自動車検査証が発行されることになります。

 

自動車検査証は、常に自動車のフロントガラスなど見えるところに貼り付けておかなくてはいけません。

 

もし自動車検査証を無くしてしまったら再発行手続きをしなければならなくなるのです。

 

再発行の手続きを行えるのは運輸支局です。

 

自動車検査証再交付申請書という書類があるので、そこに必要事項を記入し提出すれば再発行してもらう事ができます。

 

申請用紙を提出する時には自動車所有者の身分証明や手数料納付書も一緒に提出しましょう。

 

車検は一定期間ごとに受けることが義務付けられている事は誰もが知っている事だと思います。

 

もし車検を受けないで自動車検査証の有効期限が切れてしまったら、原則その自動車を運転することを禁じられるのです。

 

どうしても今受けられない事情があり有効期限切れをしてしまった場合には、自動車を運転することが可能なように自動車臨時運行許可の申請をする必要があります。

 

その申請が受理されれば、期限切れの自動車でも運転することは可能です。

 

しかし、これはあくまでも緊急避難的な措置に過ぎないのです。

 

だから、申請をしてから5日間程度しか当該の自動車の運転は認められないのです。

 

このように車検証を無くしてしまったり有効期限切れになってしまうと、いろいろと面倒な手続きが必要となってきます。

 

車検証は自動車を所有している個人の義務として、厳重に保管をしておくことを心がけなければなりません。

車検と自動車検査証関連エントリー


Copyright (C) 2010 失敗しない車検ガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

車検と自動車検査証

車検に関する様々な情報を分かりやすく紹介しています